妊娠線予防をする|低刺激成分のクリーム!

しっかり保湿ができる成分

化粧品を持つ女の人

表皮で潤いを守る

セラミド入りの化粧水が最近注目を集めています。セラミドとは表皮にある「細胞間脂質」で、肌の潤いを守る働きをしています。30代、40代、50代と年齢を重ねるとどんどん少なくなっていき、40代になると20代の半分の量になると言われています。それが原因で肌内部の水分が蒸発しやすくなり、乾燥してシワが出来たり、紫外線ダメージでたるみやシミが出来やすくなります。そんな悩みを改善してくれるのがセラミド入りの化粧水です。化粧水をつけるだけで、不足した分を補うことができます。ヒアルロン酸やコラーゲンは真皮層にあるので、化粧水で補うことは不可能です。しかし、セラミドなら表皮の一番上にあるので、化粧水で簡単に補うことができます。

種類によって効果が違う

セラミド配合化粧水と一口にいっても、商品によって種類が違う場合があります。プチプライスで売られている化粧水には、大量生産できる人工的に合成された疑似セラミドがよく配合されています。石油由来の成分で出来ていて、肌が弱い人だとダメージになる場合があります。また、植物由来のセラミドもあります。植物由来は安全性が高いですが、保湿力が低いのであまり効果を感じない場合もあります。高級な化粧水によく配合されているのが、人間の皮膚と親和性が高い動物から抽出した天然セラミドです。天然セラミドは保湿力や美肌効果が高いのでお勧めです。また、本物と同じ化学構造で作られたバイオセラミドも、人間の肌と相性がよく高保湿効果があります。