HOME>Review>タクシードライバーに転職する前に確認しておくべきポイント

タクシードライバーに転職する前に確認しておくべきポイント

模型

タクシー会社では、転職を積極的に支援しているところも少なくありません。全くの未経験から第二種免許を取得してタクシー運転手に転職した人もいるので、体験談をチェックしてみましょう。

みんなの口コミ

2種免許取得をサポートしてくれるか確認しておいた方が良いですよ【30代/男性】

仕事面で悩むことが多くなっており、30代のサラリーマンになってから気分の晴れない日が多くなっていました。せっかくの休日も20代までのように何も気にせず楽しめなくなっていたので、転職の可能性を模索していました。経験を活かせば転職は実現できそうでしたが、転職先で同じ仕事の悩みが発生する気がしたので、あえて未経験の仕事にチャレンジしてみました。選んだのはタクシーのドライバーで、働くためには2種免許取得をする必要があります。採用してもらった会社は2種免許取得をサポートしてくれるので助かりました。ですが、中には2種免許取得を積極的にサポートしていないタクシー会社があるので、選考を受ける場合は応募先に注意することをおすすめします。

給与と待遇面の確認は大切ですね【30代/男性】

志望企業の多くから不採用通知をいただいてしまったので、就職先は志望度の低い企業でした。それでも、入社したからには給与をもらうことになるので、できる限りのことをしなければなりません。そこから10年ほど働いたものの、志望度の低かった企業での仕事はモチベーションが上がらないことが多く、働き続けるのが難しくなりました。そこで、転職を考えて求人を見ていた時、タクシードライバーが気になりました。未経験からでもキャリアを積めますし、不況でも仕事がなくならない印象があったので、タクシードライバーの求人をたくさんチェックしました。すると、求人によって給与や待遇面で差があるとわかったので、選考を受けるタクシー会社は慎重に選びました。