妊娠線予防をする|低刺激成分のクリーム!

肌に刺激を与えないケア

コスメティック

肌の乾燥がトラブルの種

敏感肌とは、医学的に言うと乾燥性敏感肌と呼ばれ、些細な刺激で肌に炎症が起こりやすくなります。突然起きるというわけではなく主に乾燥が原因で、吹き出物や赤み、痒みなどが現れます。また、誤ったスキンケアや生活習慣などでも敏感肌になることがあります。肌を乾燥させないためには、十分な保湿が必要です。化粧水で保湿する時には、自分の肌質に合ったタイプの化粧水を選ぶようにしましょう。肌質と違うものを使い続けるのは肌に負担となり改善の効果も得にくくなってしまいます。化粧水を使ってヒリヒリしたり赤くなったりするのは、自分の肌に適していないためです。敏感肌の場合には薬用ではなく、オーガニック系の潤い成分が多く含まれた低刺激のものを使いましょう。

優しい馴染ませ方

ベタつくのに乾燥していたり、ゴワゴワしてザラついていたりと、肌がデリケートな状態の時には、たっぷりの化粧水で肌を潤わせることがとても大切です。敏感肌には、コットンを使うよりも、自分の指でパッティングする、マイルドパッティング法を実践してみましょう。いつもと同じように化粧水を付けた後にもう一度化粧水を顔全体に行き渡らせたら、完全に染み渡りきる前に、指の腹を使って優しくパッティングします。目の周りなどの皮膚の薄い部分は軽く押さえるようにします。この方法だと、自分の指と優しい力加減で肌に負担なく化粧水を馴染ませられ、潤い感を実感できたり、肌の火照りを抑えられたり、毛穴を引き締める効果が期待できます。